妊娠初期に妊娠新検査薬とにらめっこ

ずっと妊娠希望でした。毎月の妊娠検査薬の結果に落ち込んでいたので、初めて見た陽性の結果は現実なのか信じられず、夫に検査結果が陽性になったと伝えたのは次の日にも検査をして陽性になった翌日でした。
陽性反応があってからも2週間くらいは毎日検査薬を使って調べてしまっていて、毎日濃くなっていく検査薬の結果を毎日ドキドキしながら確認していましたが、あとから考えるとこの毎日の検査は化学流産などもわかってしまうので、良くなかったかもと思っています。
検査薬が反応したのは妊娠3週半ば。産婦人科で経膣エコーをしたのは妊娠7週のときでした。早く検査に行きたかったんですが、あまりに早く行きすぎても胎嚢しか見えないというのをインターネットで見て、行くのを我慢していました。
また早い人では4週あたりから感じるというつわりを感じず、体型の変化もないので妊娠しているという事実がずっと信じられず、待っている間の不安感は大変なものでした。でも初めての検診ですぐに心拍確認できた時の感動は素晴らしく、涙さえ出そうになり、行くのを待ってて良かったと思えました。
その後も妊娠初期は脂っこいものを食べたくなるくらいで変化もなく、快適なマタニティ期間を過ごすことができました。
生まれてきた子どもは男の子でした。

妊娠初期症状